身体の治り方

治り方を考えてみる

治り方のパターンは大きく分けて3つ
Aは初めに大きく動いてその後だんだん小さくなる治り方です。
実はこのパターンが割と多いのです。
痛みや症状の半分ほど治っていく感じです。
100悪かったものが50になり、次には50が25に、25が・・・

Bのタイプはやるごとにどんどん良くなりタイプ。
とても分かりやすいので皆さんもこのようなイメージで予想する方が多いと思います。

Cのタイプは治療家泣かせ・
初めのうちはほとんど変化せず、最後のほうでぐ~んと良くなっていくタイプ
このタイプで注意しなくてはならないことは、身体をゆがませる原因が内臓疾患など
骨格や筋肉以外にあるかもしれないという事が有ることです。
そのため、そちらの回復が先になりゆがみが取れるのが遅くなってしまうという事です幸いカイロプラクティックは内臓疾患などにも効果がありますので、遅くなりますがゆがみだけでなく改善します。
糖尿病の方などはこのタイプが多いのです。


これはどれが良いかではなく、その方の治り方ですので
どの症状でいらしてもその人は、同じような治り方になります。

Cのタイプは悲しいね!と思うかもしれませんが
Cのタイプでもよい事があります。
人の身体は恒常性というものがあり、ゆっくりと治ったものはゆっくりと壊れてきます
私たちの行う矯正もボキボキと素早く矯正するとすぐに戻ってしまいますが、ゆっくりと矯正するとゆっくりとズレていきます。
つまり治ってからは一番長持ちしてくれるのがCのタイプの人なのです。

早く治ってしまう人は、それだけ早くずれやすいという事なので世の中うまく出来ています。

次に大切なのはだるさや痛みの出るタイプ
施術をしてすぐに出る方、次の日に出る方、
施術のあと逆に痛みが強くなりその後に楽になっていくタイプ

軽いだるさは大抵の方が経験することだと思います。
この症状がいつ出たか?
やってすぐか、その夜か、はたまた次の日か3日後か?
これはその人の持つ回復のタイミングです。
別に年を取っているから遅くなるわけではありません。

1つ目の治り方と、この回復のタイミングが分かると
施術の割合や終わり時が決めやすくなりますので、こちら側も的確な施術ができるようになります。


最後に痛みの出るタイプ
これは体質と言ってしまえばそれで終わってしまいますが
熱が出て時などに節々が痛くなる方はなりやすくなります。

身体に老廃物の溜まっている方、老廃物には痛風などの病気のように、発痛物質が
いろいろ含まれています。
施術したことで、身体が治ろうとする為、この発痛物質が動きますので
痛みとなってしまうのです。
この痛みも1~2回の施術のあとは出なくなってきます。
身体から老廃物が流れ出てしまえば痛みの出ることもなくなります。

どうしても避けたいという方は、本来100行う施術を60ぐらいに落とせば、
痛みまでには至らないので回避することができます。

一度、自分の治るパターンを知っておけば自分のペースが読めるようになります。
年齢を重ねて体力、免疫が落ちるタイミングが来るまでは、このパターンが続きます。
体力も年ごとに落ちていくのではなく、ある年齢になった時にガクッと落ちてきますので、その辺のことも理解できるようになります。

inserted by FC2 system