本当に健康を求めるのならば、知ってほしい事



薬というもの

薬は病気を治す為のものと思われがちですが、本当は症状を抑えるものなのです。
医者のほうでも、容易に薬を飲まないと治らないよ。なんてことを言うので、ますます誤解を生んでしまっています。

例えば、高血圧ならば、高血圧を治すのではなく、高血圧のために血管が破れて脳卒中や梗塞が起きないように、
高い血圧を低く抑えるだけのものです。
したがって、脳梗塞にはなりにくくなりますが、高血圧を治しているわけではないのがお分かりになると思います。
したがっていくら飲んでも高血圧が治るわけではないので、食事制限でもしなければ高血圧は改善しません。
何年飲んでも、治らない訳です。ここの所をお間違えなく!

ただし、ウイルスや細菌治療に使う抗生物質などは、薬なくしては治せません。途中で止めてしまうと細菌が殺せずに、
やり直しになることもありますので注意が必要です。


漢方とは、(比較にために、通常の薬を西洋薬として記述します)

本来の漢方薬は、薬草を乾燥してそれを煮出して作っていました。しかし最近は、西洋薬と同じに精製して作りますので、
結局西洋薬と変わりなくなってしまいました。
効き目も弱く、副作用も西洋薬と変わりないようになってしまっています。

もともと漢方薬は、風邪を治すにしても、西洋薬のように、咳をとめる、熱を下げると言うのではなく、
冷え性体質を治す。胃腸障害を改善する事により、結果的に風邪をひきにくい身体にしていくと言うのが本来の使い方です。
そのためには、一人ひとりの体質を調べなくてはいけません。
火照る体質の人に、暖める薬を与えると症状をひどくします。
病院で配られる漢方薬は、風邪にはこれこれ、胃腸にはこの薬と、個人の体質は無視しています。今まで通りに効くわけ無いでしょ!
しかも精製した薬ですから、直接肝臓に運ばれ、効果も一時的です。

精製したものがどうしていけないのか?
薬にしろ、サプリメントにしろ精製したものは、すべて自然には無いものです。
西洋薬も、もともと自然の薬草を精製したものです。漢方も精製してしまえば、西洋薬と同じなのです。
精製すると言う事は、分子レベルまで小さくする事です。すると身体の中で処理をする必要が無い為、直接肝臓に運ばれます。
薬ならばすぐ効果がでますので良い事なのですが、処理が早すぎる為に、届いてほしい所に行き着く前に反応してしまう事もあります。
これが副作用です。
例えば、カルシウム剤。精製して、イオン化された物質は、激しく活性化されてしまう為に体内に入ると反応スピードが速すぎるために、目的地である骨や歯には到着せず
途中の筋肉や神経に沈着してしまう。筋肉に沈着すると運動障害になり、血管に沈着すれば、動脈硬化の原因にもなります。

自然の物は、ほかの物質と交じり合っている為に(不純物がある為)身体の中での処理の関係で、効果を得るのに時間がかかります。
不純物により時間が変わるために、ビタミンを取り込めば2~3日持続して身体の栄養となります。(この不純物をファイトケミカルと言って現在注目されている物質です)

精製した物は、1~2時間で吸収されその日のうちに排出されてしまいます。一時的ということです。または毎日飲まなければ効果がないということです。
そして毎日飲む事で肝臓に負担が掛かり不健康になってしまうと言う事です。


サプリメント,健康食品

ビタミンなどを錠剤にして、その栄養を補う為に活用するもの、栄養補助食品とも言われる物です。
飲めば健康に良いと言うわけではなく、不足を補う為の物であると言う事を肝に銘じたほうが良いでしょう。
たまに不足を感じたときに、飲むぐらいが身体に良い服用の仕方です。

漢方薬でも説明した通り精製した錠剤ですので、水溶性は一時的に効き、尿として排出されます。
油溶性は厄介です。飲みすぎると身体に溜まってかえって障害を起こします。

飛躍したサプリメントの宣伝では、癌が治るとか、膝痛が消えるとされるが、そのようなものは存在しません。
以前流行ったアガリスクというサプリは癌によいとされるが、水溶性の食物繊維が豊富と言うだけのキノコですが。
食物繊維をたくさん食べると、便秘が解消しやすく、便秘が解消されれば、大腸に毒素が溜まりにくいところから、大腸がんに成り難いと考えられ、
大腸がんに効果有り=癌に効くと誤解されてしまったのです。・・最も販売業者もこんな事書いて売っていましたが・・違法です。



やせるにしても、病気が治るにしても、薬でそのようなものは存在しません。
もしあれば世界的センセーショナルですので、テレビが黙っていません。ノーベル賞ものです。
薬でつらい症状やさらに悪化するのを遅らせている間に、自分の治癒力で治すということが基本です。
医者でさえも薬でどうにか成ると勘違いしている人も見受けられます。 この事を理解すれば、病気は治ります。


以上のことから、病気を治すには、食事、睡眠、運動で治すしかないと言う事です。
重複しますが免疫不全 を治すを参照にしてください。

inserted by FC2 system